【Apex Legends】撃ち合いに勝てない原因とコツを17選まとめ。意識することやテクニックを紹介!!初心者でも強くなる!

FPS上達の道

悩み
  • Apexで撃ち合い勝てない
  • 撃ち合いに勝てない原因は?
  • 撃ち合いに勝てるコツは?

上記の悩みが解決します。

この記事の内容
  • 撃ち合いに勝てない原因10項目
  • 撃ち合いに勝てるコツ6項目

撃ち合いにどうしても勝てない!

どうやったら、キルできてキルレやランクを上げれるの!?

そんな涙が出る悩みを解決します!

原因とコツを合わせて17個にまとめたので、当てはまるものを練習していただくと良いです!

ねこくんブログの画像
スポンサーリンク

【Apex Legends】撃ち合いに勝てない原因11選

エーペックスの撃ち合いに勝てない原因を11コにまとめました

1,エイム練習が足りていない

Apexで一番重要なのはエイム力です。

もちろんFPS全般でも言えますが、エイム力が全てです。

Apexの特徴は他のFPSよりも体力が多い点です。

なので、継続的に当てれるエイムが必要になってきます。

射撃訓練場でエイム練習をしましょう。

射撃訓練場の敵は棒立ちだし、意味が無い!

それを言って良いのはFPSが上手い人だけ!

まずはエイムを合わせて継続的に当てる練習をしなさい!

おすすめのエイム練習
1,距離を変えて3つのBOTを撃つ(的の目の前、武器周辺、坂道の岩)50分

2,BOTの隣の的にレレレで標準を合わせる(エイムアシストが引っかからない)10分

3,ジップラインのジップに合わせて弾を左右に撃つ(ズレないように)5分

2腰撃ちで撃っていない

Apexは思った以上に腰撃ちが当たります。

なので、無理にADSをしなくても腰うちで敵にエイムを合わせましょう。

さらにADSをすると移動速度が遅くなります!

腰だめ時100%
ピストル100%
ショットガン90%
サブマシンガン85%
アサルトライフル50%
ライトマシンガン40%
スナイパーライフル35%

この表を見ると移動速度が全然違いますよね。

ライトマシンガンで無理にADSをすると、敵にとって棒立ちなので撃ちやすいんです!

もちろん腰撃ちは、正確性を欠きますが近距離ではガンガン使っていきましょう。

私も使っています!

3,射線を意識していない

射線意識していないと思わぬ方向からダメージを貰います。

想定していないダメージを貰うと、ダウン又は回復をしなければなりません。

そうならないためにも、しっかり対処しましょう。

射線の意識の心得
1,頭の中は自分を上から見た視点をイメージする
2,目の前で戦いつつ周りの地形を意識して動く

4,詰め方が甘い

せっかく相手に大ダメージを与えても、詰めている最中に被弾してしまったら、近距離戦では同じ体力同士で戦わないといけません。

なので、グレネード等の投げ武器を投げてから詰めるようにしましょう。

上級者はダメージアドバンテージを取られても、立ち回りが雑なところを狩ってきます。

適当に投げたらダメだよ!

apexのアークスター投げ方

5,相手が見ているところから見る

自分は物陰に隠れていて、すでに向こうから撃たれている時に同じ場所から無理して顔を出すと被弾してしまいます。

なので、相手の予想とは違う場所から顔をださなければなりません。

例えば、コンテナだと

  • コンテナの右
  • コンテナの左
  • 登る

3通りの顔の出し方がありますよね。

違うところから顔を出して意表を突きましょう。

Apexの射線管理

6,キャラクターを活かせていない

キャラクターを活かせていないの問題です。

例えばパスファインダーだと、グラップルやジップで高所を行き来できるので射線を広げるのは最高ですね。

キャラクターごとの特性を活かして戦いましょう。

おすすめのキャラクター紹介をしてるYoutubeがありますので参考にどうぞ

キャラクター紹介

7,マップを覚えていない

マップを覚えていないのは致命傷です。

ミニマップを見たときに、

「どこに小さな岩があるのか」

「どこが少しでも強いのか」

一瞬で分かるようになると、次に行くべき場所(プラン)がわかってきます。

8,地形を意識できていない

地形を意識して動かないと被弾率が高くなります。

上級者は少しのへこみから顔を出して、大ダメージを出してきます。

頭vs身体全部だと、頭サイドのほうが被弾を抑えつつダメージを出しやすいですよね。

上級者は身体の出し方を徹底的に極めています。

自分が撃ったあと隠れることができる位置を探してから撃ちましょう。

9,経験不足

自分がダウンする原因として、経験不足もあります。

建物の構造やリコイルコントロール等、知っておかなければならない情報を知らないのはダメです。

まずは、繰り返しゲームをプレイして覚えていきましょう。

10,立ち回りが甘い

ランクマなどで、終盤のラウンドになっても「まだ8部隊もいるの!?」

となったことはありませんか?

立ち回りが甘いと、アンチダメージの関係で強いポジションが生き残り、弱いポジション同士で安置の際で戦うことになります。

なので、立ち回りを意識して、エリア内の強いポジションを探しましょう!

11,デバイスや環境が悪い

正直撃ち合いに勝てない原因はデバイスや環境のせいでもあります。

プロや猛者の人達はデバイス環境に強いこだわりを持っていて

  • PC
  • モニター
  • キーボード
  • イヤホン
  • マウス

全てゲーム用として使っています

FPSに勝てない原因は根本的なデバイス環境にあるかもしれません。

まず同じ土俵に立ちましょう。

勝てるゲーマーはデバイス環境が一味違う時代
>>【高額キャッシュバックあり】FPS歴6年の私がおすすめするインターネット回線4選

>>【FPSゲーム】人気の最強ゲーミングイヤホン5選!

>>失敗しないゲーミングヘッドセットの選び方とおすすめ機種を紹介!

>>【脱・腰痛】長時間集中できて疲れないゲーミングチェア5選!

【Apex Legends】撃ち合いに勝てるコツ6選

エーペックスの撃ち合いに勝てるコツ6つ紹介していきます。!

1,自分は死なないプレイをする

死なないことのメリット
  • ポイントが減らない
  • 3V2を避けれる

上手い人のプレーは、ダウンがめちゃくちゃ少ないです。

お互いが出せる最大限のダメージを出して、敵を倒します。

結局死ななければ、3V2になって部隊全滅にはならないし、ポイントも減らないし・・・

できるだけ被ダメよりも与えるダメージを大きくしましょう。

2,強いポジションを取る

強ポのメリット
  • 被弾を抑えれる
  • こちらが行動権利を持っている
  • 敵の射線を切れる

Apexにおける強いポジションとは高所になります。

高所は、相手にとったら頭しか見えないので当てにくいので被弾を抑えれます。

強いポジションの動き次第で下の部隊は動くので、次の動きのプランが立てやすいです。

3,強いポジションをキープする

キープのメリット
  • 敵の様子を俯瞰視できる
  • 大ダメージを受けてもすぐに隠れれる
  • 相手にダメージを出せる

強いポジションをキープすることで、どのあたりに敵が居るのか見当がつきます。

なので、「あそこは倒さなければならない」「次の安置で戦うだろう」

と予測することができます

4,敵の予想を超える動きをする

意表を突く
  • エイムをし直す時間が有利
  • 被弾を抑えれる
  • ダメージを与えやすい

敵が予想している所以外から撃てれば、相手はエイムをし直す時間、有利になります。

相手の嫌がることを想像して、立ち回れば結果的に被弾を抑えることができます。

5,次の動きのプランを計画する

計画する
  • 漁夫対策
  • 強いポジション
  • 今一度ぶつかったらお互いしんどいのかわかる

次の動きのプランを先に考えておくことで、漁夫対策や不利なポジションの撃ち合いを避けることができます。

おおまかでも構いません!

  • 次の安置でAとBがぶつかる→Xのポジションにいれば撃ち放題
  • ここにいたらあの細道でぶつかる→先に行っておこう

6,射線を広げる

射線を広げる
  • 大ダメージを与えれる。
  • 2カ所見なくてはならない

射線を広げることで、相手部隊は2つの射線を管理しなければなりません。

その管理の穴を狙って、ダメージを出して、一気に囲い込むことができます。

apexの射線を広げる画像

まとめ

今回はApexで撃ち合いに勝てない人の原因や勝てるようになるコツを紹介しました!

数々のFPSを6年プレイしてきたからこそ分かる視点をも紹介できたのでは無いかと思っています。

今回の記事のまとめ

勝てない原因

  1. エイム練習がたりていない
  2. 腰撃ちをしていない
  3. 射線を意識していない
  4. 詰め方が甘い
  5. 相手が見ているところから顔を出す
  6. キャラクターを活かせていない
  7. マップを覚えていない
  8. 地形を意識していない
  9. 経験不足
  10. 立ち回りが甘い
  11. デバイス環境が悪い

勝てるコツ

  1. 死なないプレイをする
  2. 強いポジションを取る
  3. 強いポジションを維持
  4. 意表を突く
  5. 立ち回り強化
  6. 射線を広げる

この記事を読んでエーペックス強くなろう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました