NFTってなに?現在の立ち位置やNFTビジネスの全体像まとめ。社会にどのようなインパクトを与えているのか。

仮想通貨

NFTという言葉を知っているけど意味は知らないという人はいるのではないでしょうか。

悩み
  • NFTとは
  • NFTの今の現在地はどんな感じ?
  • NFTのビジネスってどんなのがあるの?
  • NFTに興味がある

上記の悩みが解決します。

NFTを知ることで、今なぜ沸騰話題になっているか知ることができます。

先日「NFTの教科書」を読みましたが、ワクワクしかないです

NFTを知らないならこの本がオススメです。

スポンサーリンク

NFTとは

なやみくん
なやみくん

NFTってなんぞや?

2021年、NFTというワードが沸騰し「言葉は知っているけど意味は知らない」

という方が多いのではないでしょうか。

NFTとは、Non-Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略です。

ノンファンジブルとは「代替不可」という意味で、「世界に1つだけのデジタル資産」という解釈をしてください!

暗号資産は代替可能な資産
NFT=仮想通貨とイメージしている方もいますが違います。
Aさんが持っているビットコインやBさんが持っているビットコインは、円やドルと同じように全く同じ価値です。
入れ替えてもなんの支障もありませんよね!

NFTも暗号資産もブロックチェーンを使っていますが

NFTはブロックチェーンの中に唯一無二のデータが記録されるという特徴を持っています。

同じ野球のユニフォームでも大谷翔平のサイン入りだと、全く違う価値を持つ「1点もの」になります。

上記と同じように、デジタルでも「1点もの」をブロックチェーンを利用することで、価値を生み出すことができます。

ブロックチェーン簡単解説
ブロックチェーンとは簡単に言えば「管理者が存在しないみんなが閲覧できる台帳」のことです。
ブロックチェーンの特徴として①コピー改ざんできない②海外送金楽チン③台帳を追跡可能でだれでも閲覧可能です。
今までは、情報を集めて管理する権限者(例えば、銀行、グーグル)を介さないとデータを操作することができませんでした。
ブロックチェーンによって、企業を介さなくてもデータの移動が可能になります。

NFTの現在の立ち位置

NFTは唯一無二のデータを生み出せるので、著作権ビジネスと非常に相性が良いのです。

2021年3月にTwitterの共同創業者で同社のCEOジャック・ドーシーさんが、NFT化されたアプリで最初のツイートが約3億1600万円で落札されたことで、

NFTという言葉が一躍話題になりました。

インターネット黎明期も新しい技術が普及するとき、一種の怪しさや熱狂がありました。

現在のNFTもインターネット黎明期と同じ状況で「新しい時代の入り口」と言えます。

NFTビジネスの紹介

NFTを利用したビジネスを7つ紹介していきます。

NFTビジネス全体像
  1. NFT×アート
  2. NFT×メタバース
  3. NFT×ゲーム
  4. NFT×スポーツ
  5. NFT× トレーディングカード
  6. NFT× ファッション
  7. NFT× 音楽

NFT×アート

NFTアートは世界中で話題になっており、1番に沸騰しているジャンルではないでしょうか。

Larva Labs(ラルバラボズ)によって2017年6月に始まったプロジェクトのアートが世界初(世界最古)のNFTアートといわれております。

このCrypto Punks(絵の名前)が2021年1月約8000万円で取引されました。

VISA社も本NFTを購入したことで話題になりました。

他にも、小学生がNFTアートを出品し380万円の価値が付きました。

>>なぜ、小学3年生の夏休みの自由研究に380万円の価値がついたのか

NFT×メタバース

メタバース簡単解説
メタバースは造語で、Meta(超越する)Unierse(宇宙)これらを合わせた言葉です。
Fortnite(完全な仮想世界)、ポケモンGO(現実内包型)、マインクラフト(クラフト系メタバース)と分類されています。
メタバースは現実世界と同じような扱いをします。

NFTとメタバースが組み合わさることで、特定のアプリでしか使えなかったデジタルアイテムが限定されずにどこでも使えるようになります。

いままでのメタバース(例えば、どうぶつの森、マインクラフト)では、その世界でしかデジタルアイテムを利用することができませんでした。

NFTの登場により、Aメタバースで購入したアイテムをBメタバースでも使える未来が来るかもしれないということです。

リアル世界のメルカリのようなものが、ビジネスとしてデジタルの世界でも出てくるということです。

メタバースにおけるNFTは自由自在で、土地や不動産、アパレル、音楽なんでも可能です。

例えば、メタバース×ファッションとして、GUCCIのような新しいデジタルハイブランドのファッション会社がでてくるかもしれませんね。

NFT×ゲーム

ゲームに登場するキャラクターやアイテムをユーザー同士で取引できるゲーム(Crypto Kitties)が生まれています。

NFTゲームはアナログのカードバトルに似ています。

NFTゲームはアナログのカードのように「世界に○枚しかない」と証明されているので、希少なカードに資産価値を持ちます。

アナログのようにデジタルでユーザー同士でカードの取引もできます。

さらにAゲームのカードをBゲームでも使えるNFTゲームも存在していたりします。

ネットサーフィンするだけで仮想通貨貯まります
>>【無料】BraveブラウザでBATの貯め方!やっておくべき4つの設定

NFT×スポーツ

NFTとスポーツも非常に相性が良く

  • トレーディングカード
  • ファン応援トークン

に利用できます。

ユニフォームを買う、タオルを買う、チケットを買う、チームの暗号資産を買う

とファンは暗号資産を購入するという応援の形の選択肢が増えました。

暗号資産を購入することで

  • ゴールチャント楽曲選択
  • ユニフォームデザイン
  • チームバスカラー
  • ファン交流イベント
  • スタジアム招待

などをブロックチェーンを通して、意見したりすることもできます。

もちろんそのチームや選手が活躍すると、暗号資産の価値が上がりますので、古参ファンであるほど儲けが出ます。

NFT× トレーディングカード

スーパーでポテトチップスの付属品で付いていた、選手のトレーディングカードを見たことはありませんか?

トレーディングカードもデジタルで取引されるようになります。

さらにデジタルならではの、選手のゴールシーンやアイドルのダンスシーンの一部分を動画型トレーディングカードとして、生み出すことができます。

まるでハリーポッターの動く新聞みたい!?

無名の選手が活躍すると、トレーディングカードの価値が上がります。

このトレーディングカードは、NFTゲームにも使えるカードがあったりします。

デジタルにしかできない「様々なジャンルに介入できる」のは、革命的ですね!

実際に、NBAやSKE48が販売しています

NFT× ファッション

ファッション業界は、石油事業に次いで環境負荷の大きい業界であります。

デジタル×ファッションは環境に優しく、多彩な表現が可能として、ヨーロッパのブランドを中心に注目を集めています。

  • アート作品
  • メタバース
  • 着せ替え
  • リアルとの融合

上記4つに可能性が秘められています。

ハイブランドが発行する動画型NFTは話題になりました。

メタバース世界でプレイするためのアバターを販売するファッションブランドも出てきました。

服だけを販売し、着せ替えを楽しめるファッションもあります。

デジタルで購入したものをリアルでも貰える融合型を模索している企業もあります。

NFT× 音楽

音楽業界はサブスクから所有する時代に移行しつつあります。

NFTはデジタルでありながら、数量限定の証明ができるので音楽業界全体を底上げできる可能性を秘めています。

  • 3LAU
  • スヌープドッグ
  • Perfume
  • ダラス交響楽団

などが、NFT限定作品を販売し即完売しました。

NFTでなにか所有してみたいならコインチェックがおすすめです。

コインチェック

NFTをするならコインチェックがオススメ

コインチェックNFTはコインチェックの中に併設された日本で初めてのマーケットプレイスです。

普通は、NFTの出品や購入したりするのに、高いガス代(手数料)がかかったりします。

しかし、コインチェックNFTはコインチェックに預けている口座をそのまま使うことができるので、ガス代がかからないのが特徴です。

初めての方でも取引しやすい設計になっています。

  • これからNFTを始める
  • ガス代を気にせずにNFTを楽しみたい

上記の方はコインチェックの口座開設をしましょう!

NFT、仮想通貨の世界がどんなものか見てみたい人はこちらからクリックしてください↓

コインチェック

コインチェック

仮想通貨の送金は初心者には難しいので

コインチェックNFT→OpenSeaの順で経験するのが安全です

まとめ

今回はNFTとはなにかわかりやすく解説しました!

NFTはまだまだ黎明期で、法律も整備されていないところがあります。

NFTに興味を持ったならこの本を読んでみてください。

最近では日本のメガバンクもデジタル通貨について、前向きになりましたね!

少しずつ、デジタル世界への介入が進んでいます!

乗り遅れないようにしましょう!

今回の記事のおさらい
  • NFTとは代替不可能な資産のこと
  • NFTでワクワクする未来がくるかも!
NFTビジネス全体像
  1. NFT×アート
  2. NFT×メタバース
  3. NFT×ゲーム
  4. NFT×スポーツ
  5. NFT× トレーディングカード
  6. NFT× ファッション
  7. NFT× 音楽

コメント

タイトルとURLをコピーしました