【なぜ?】東証が再編!いつから?プライム・スタンダード・グロースの市場の条件を解説します

株の基礎
ねこくん
ねこくん

こんにちは!ねこくんです!

悩み
  • 東証再編はいつから?
  • なぜ東証再編するの?
  • 東証再編の仕組みがわからない
  • プライム・スタンダード・グロースってなに?

上記の悩みについてお答えします!

今回の記事でわかること
  • 東証再編は2022年4月4日
  • TOPIXが算出基準が変更される
  • プライム市場が最強
  • 外国人投資家のお金を呼び込むため

東証再編は世界でも類を見ない実施ですので、知識を蓄えておいて歴史的瞬間を見届けましょう!

最後の章には、東証再編による影響を紹介していますのでご覧ください!

スポンサーリンク

東証はプライム・スタンダード・グロース市場へ再編!

東証は2022年4月4日から、プライム・スタンダード・グロース市場に再編されます。

東証再編の記事

海外でも類を見ない大規模な再編なので、多くの投資家や企業も注目をしています。

東証1部に代わるプライム市場は、求められる審査基準がより厳しくなり激戦区になります。

ねこくん
ねこくん

プライム・スタンダード・グロースって、名前がアメリカっぽくなってかっこいいニャ!

なぜ東証再編するの?

なぜ東証再編を行うかというと、東証1部の企業数が他のマーケットと比べて増えすぎて、質の低下が起こってるからです。

日本の東証1部は2193社で、アメリカやイギリスの世界の最上位市場の銘柄数は300~500社と日本に比べると圧倒的に少ないです。

外国人投資家からもお金を呼び込むために、東証を再編させるそうです。

プライム・スタンダード・グロースへの上場の条件は?

各市場に上場するための条件は以下の表です。

市場プライムスタンダードグロース
流通株式時価総額100億円以上10億円以上5億円以上
流通株式比率35%以上25%以上25%以上

東証再編にあたって、重要視されるのは流通株式時価総額です。

2021年2月26日時点で、東証1部と2部を対象に、プライム市場の候補企業は922社が条件クリアとなっています。

参考記事

2193社と471社から922社まで絞れるのは大手術ですね!

東証が再編されるとどうなるの?

  • TOPIXの算出基準が変更
  • TOPIXに連動したETFの価格が変動する
  • TOPIXの構成銘柄から外れた企業は株価が下がる
  • 東証一部から外された銘柄の株価が下がる可能性がある
  • 規定日までに東証一部への上場よって株価が上がる可能性がある

今回の市場再編によってTOPIXに組み入れられている銘柄が変更されるため、構成銘柄から外されたら注意が必要ですね。

プライム市場に残れるかどうかで、株価が動く可能性があるので手仕舞いするか波に乗るかあらかじめ決めておきましょう。

東証2部、ジャスダック、マザーズが再編される日までに、東証1部に鞍替えしておくことで、プライム市場の条件に合わなくても上場できます。

その結果、市場替えが好感視されれば株価が上昇する可能性があります。

まとめ

今回は東証再編について紹介しました!

プライム・スタンダード・グロースとカタカナの市場に変更されることで、かっこよくなりましたねw

東証1部が約2000社から約900社まで絞るのはすごいw

インデックスファンドとかできそうですねw

JAPAN&Prime900インデックスファンドてきな?笑

インデックス投資で有名なS&P500について紹介しています。

今回のおさらいをしておきましょう!

今回の記事のおさらい
  • 東証再編は2022年4月4日
  • 東証再編でプライム・スタンダード・グロース市場になる
  • TOPIXが算出基準が変更される
  • プライム市場が最強
  • 外国人投資家のお金を呼び込むため

しっかり知識を蓄えて、歴史的瞬間に立ち会いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました